注目キーワード

【WWUK TV】ウォークの年齢やプロフィールは?本も気になる!韓国人の彼は動画で時事問題をどう語る?サブチャンにも注目

その月間WILLが企画した、対談形式の動画がありました。

韓国が日本の哨戒機に対してレーダー照射した問題が、時事問題の動画を始めた発端だとウォークは語っています。

そして韓国の未来について、危機感を募らせている理由を解説していました。

話を聞くうちに、事態の深刻さに気づかされる人が続出しています。

サブチャンネルを開設

WWUKサブチャンネルのご説明&ルム

2020年2月、WWUK TVのサブチャンネルが開設されました。

きっかけは、メインチャンネルで時事問題を扱うことが難しくなってきたためです。

ただできるだけメインチャンネルの方を優先するそうで、サブチャンネルは不定期で配信するとのことでした。

すでにチャンネル登録者数は10万人を超え、注目されていることがわかります。

また、おまけで愛猫のルムが登場し雰囲気を和らげていました。ちなみにメインでも度々登場しています。

メインチャンネルの危機

YouTube何も言えないのだが…(WWUK TV韓国人ユーチューバー)

2019年12月の段階で、メインチャンネルである「WWUK TV」は放送を続けるのがかなり危うい状況にあるのが判明しました。

投稿したばかりの動画が、すぐに削除されてしまったのです。

このやり方にウォークは黙っていられず、すぐにライブ配信を行いました。

興奮気味の配信でしたが、ウォークの悔しさはファンに伝わり、多くの応援する声があがっていました。

ファンの協力もあり、この動画は無事に配信されています。

時事問題以外のチャンネルも

Part1【ホラー】ウォークの叫びまくりの「OUTLAST」【WwukGames】

時事問題を扱うメインチャンネル以外にも、ウォークは「WwukGames」というゲーム実況のチャンネルを開設しています。

ここではホラーゲーム「OUTLAST」に挑戦していました。

いつもの冷静な様子とは異なり、ゲームをしながら絶叫したり焦ったりするウォークを見ることができます。

メインチャンネルから興味をもってチャンネル登録したという方が多く、深く考えず単純に楽しめるのが特徴です。

時事問題を扱う前は普通のエンタメ系をやっていたこともあり、ウォーク自身ゲーム実況を楽しんでいる様子でした。

今後もウォークの戦いを応援しよう

チャンネル妨害にも屈せず時事問題で熱く語るウォークの注目度は依然として高く、ファンから応援されているYouTuberです。

精神的に傷つきながらも新たにサブチャンネルを解説し、今後も事実を伝えるために戦う覚悟を見せています。

その熱意はファンの心にも確実に響いており、多くの応援コメントが寄せられていました。

大好きな日本のため、そして母国の間違いを正すために戦い続けるウォークに注目してみてください。