注目キーワード

【おもしろ動画の実験道場 / Jikkendojo】メンバープロフィールを調査!八戸でラップや野球拳?おすすめ動画も紹介

さらにはお笑いの活動を行っていたこともあり、吉本新喜劇に出演したことがありました。

TAKEchan博士とはまた少し違った分野で、多くの才能を発揮しています。

メンバー③RYUTA博士

【ご報告】RYUTA博士が完全復帰!お祝いにじゃれあってみた!

本名:城ノ脇隆太

出身:青森県八戸市

年齢:31歳(2020年4月現在)

出典元:https://www.youtube.com/

メンバー3人目、RYUTA博士はKEKKE博士と小学生の頃からの幼馴染です。

ブレイクダンスをメインにしていて、技のひとつである「ジャックハンマー」の回数ではギネス記録を出しています。

過去には鬱病を経験し、再発したこともありましたが、実験道場のメンバーとファンの応援もあって復帰を果たしました。

その後ブレイクダンスの大会に出場し、見事日本代表に選ばれたことを実験道場の公式HPなどで報告しています。

ちなみに実験道場のサブチャンネルでは、ブレイクダンスの技について詳しく解説した動画を投稿していました。

メンバー④Junko☆博士

TikTokをJunko☆博士が1人で挑戦するも事件勃発!? 実験道場 ダンス

出身:静岡県浜松市

誕生日:6月2日

出典元:https://www.youtube.com/

メンバー4人目、Junko博士は数々のコンテストで優勝経験のあるダンサーです。

また演出の提案や振り付けも数多く行っていて、紅白歌合戦の振り付けも担当したことがあるほどダンス業界では有名でした。

過去には「THE GALAXXXXY★」というダンスユニットを組んでいたこともあります。

かっこいいダンスとを披露する一方で、実験道場の動画では自由気ままで可愛い一面を見せていました。

多くの振り付けを担当

【Junko☆博士】の凄すぎるお仕事履歴 AKB/シェリルノーム/マクロスF/風男塾/THE HOOPERS/9nine/May'n/柴咲コウ/矢沢永吉/山本リンダ等

9nineや柴咲コウ、そして矢沢永吉や山本リンダなど、Junko☆博士は今までに有名アーティストの振り付けを数多く手がけてきました。

アーティストの名前を挙げただけでも、幅広い活動をしていることがわかります。

大学を卒業してから芸能界入りし、ダンサーとしても振付師としても第一線で活躍中です。

2017年には紅白歌合戦で水森かおりの振り付けを手がけるなど、大きな活躍をしています。

八戸でラップや野球拳

DA PUMP / U.S.A. (替え歌) 八戸市ver.『おんでやんせ八戸』 #USA #八戸 #DAPUMP

実験道場が注目されるきっかけとなったのは、DA PUMPの大ヒット曲「U.S.A」の替え歌「八戸市ver.」でした。

「おんでやんせ八戸」というタイトルで、八戸市の魅力を面白さ満載でアピールしています。

男性メンバーが全員八戸市出身である実験道場は、積極的に地元八戸を盛り上げる活動をしているのです。

撮影は八戸市で行われていて地元の方達も多く参加し、動画の再生回数は65万回を超える人気となりました。

八戸市民を中心に、地元青森を取り上げてくれたことを喜ぶ声が多く上がっています。

地元の方言とラップを融合

方言ラップ【MV】プチョプチョヘンザ!八戸 〜Hachinohe division〜南部弁

2020年1月11日に八戸で使われている方言、南部弁と英語を融合させたラップ曲が配信されました。

地元民でなければ意味がわからないほどディープな内容ですが、MVの完成度が高く不思議でかっこいいと話題になっています。

撮影は八戸のいろんなスポットで行われていて、地元の方達も一緒に参加して盛り上がっていました。

MVには字幕がついているので、どんな方言使われているか気になる方はチェックしてみてください。

青森流の野球拳

じゃんけん勝ったらまるごとサーモン!解体ショーで野球拳

青森県下北半島から産地直送された高級サーモンと、実験道場が野球拳で対決しました。