注目キーワード

【おもしろ動画の実験道場 / Jikkendojo】メンバープロフィールを調査!八戸でラップや野球拳?おすすめ動画も紹介

サーモンの代わりにじゃんけんするのは、青森県庁水産振興課の方です。

サーモン側が負けると、その場でサーモンが解体されていくというルールとなっていました。

実験道場のメンバー達は、普通の野球拳のルールに則り体を張って勝負します。

解体ショーに参加していた観客も途中からじゃんけんに参加し、最後は皆でサーモンを堪能して盛り上がっていました。

実験道場のおすすめ動画

嘘発見器で自己プロフィール作ったらカオスすぎた!

実験道場の動画は必ずしも全員揃っているわけではないですが、4人揃うとやはり全体的に盛り上がっています。

メンバーの間柄が兄弟や幼馴染であったりするため、家族のような和気あいあいとした雰囲気です。

中でも紅一点であるJunko博士の人気は高いようで、彼女を中心としたコント動画などが多く配信されていました。

博士というパフォーマー達の実験という名の公演は、面白い結果を続々と生み出しています。

今回はそれらの中でもおすすめの動画を厳選しました。

サビが頭に残る「タピオカソング」

【MV】タピオカソング〜タピオカばっか飲んでると頭バカになるYO〜/実験道場

タピオカばっか飲んでると頭バカになるYO」のフレーズがサビで繰り返され、印象に残る「タピオカソング」というラップです。

実験道場が作るMVは完成度が高く、観ていても聴いていても面白いのが特徴になっています。

1度聴くと思わず歌いたくなるようなリズムの曲で、「頭から離れなくなる」などという声が続出していました。

また、Junko☆博士のラップと可愛い姿が話題性をより一層高めています。

世界運動会プロジェクト

人生は実験だ!でお馴染みの実験道場 世界運動会プロジェクト 〜World undokai project in Nepal〜

実験道場の「世界を笑顔にする」というコンセプトの海外ボランティア活動として、「世界運動会プロジェクト」があります。

紹介しているのはネパールの子どもたちと運動会を行ったときのものです。

その他にもガーナやカンボジアなどへ行っていました。

ダンスを通して実験道場はあっという間に子どもたちと仲良くなり、皆で一緒に盛り上がっていました。

言語や習慣が違っても、ダンスや音楽で世界中と繋がれることを証明しています。

実験道場ワールドが繰り広げられるコント

【一時停止!ラップマン】ぐるぐる巻きし放題の時間が止まった世界から大逆転の脱出劇!〜ポーズチャレンジ〜

元々劇場でのコントライブから始まった実験道場は、YouTubeでも様々なコント動画を配信しています。

たとえばラップでぐるぐる巻きにしてしまう「ラップマン」など、実験道場ならではの面白い設定が満載です。

コントではいろいろな物を使って拘束されることが多いですが、彼らの発想はいつも自由で、何より本人達が楽しんでいました。

「エンタメで世界平和」を目指している実験道場の真骨頂がここにあります。

実験道場の世界平和を応援しよう

2020年、実験道場はチャンネル登録者数100万人を目指して活動を続けています。

簡単な道のりではありませんが、全員で楽しみながらダンスやコントをやっている姿は、今までも多くの笑顔を生み出してきました。

実験道場が見据えている先は、世界を平和に、そして笑顔にすることです。

今後どのような企画が生み出されるのか、多くのファンが注目しています。