注目キーワード

【kemio】本名や事務所、兄弟の情報を調査!初のエッセイ本も紹介!彼の名言が深いと話題に!

祖父母に大切に育てられたkemioさんならではの名言ですね。

悪口は宇宙からの交信

View this post on Instagram

このポーズ人生で始めてyった

A post shared by kemio (@mmkemio) on

インターネット上での悪口に対してもkemioさんは独自の見解をみせています。

インターネットは宇宙みたいなもんだからネガティブなことにエネルギーを注ぐのはもったいない。

宇宙からコメントが送られてきたコメントは感情は一定であると語っており、こちらも意味が深い言葉となっております。

SNSの普及は便利ですがその便利さが生み出してしまうさまざまなトラブルで悩む若者が日々耐えないのも事実です。

しかしkemioさんはただ単純に否定するのではなく、いいことを考えていこうという前向きな気持ちで向き合っています。

幼いころから目立つことが好きだったkemioさん、しかしその個性的な容姿からいいことだけではなく悪口も言われたことでしょう。

そんなkemioさんの心情も感じられる名言です。

別れ

シンプルですが、この言葉に込められた意味がとても深いのです。

きちんと別れを言えるチャンスがあるのは普通ではない、別れは突然であるとトイレの写真と共にこちらの名言をInstagramに投稿しています。

日本からアメリカへ貯金10万円で渡ったkemioさん、たくさんの別れと出会いがあったのかもしれません。

深い意味はないかもしれませんが、トイレの写真と別れというフレーズをInstagramに投稿した背景は別れは流れのように訪れてくるというメッセージを伝えたかったのではないでしょうか?

哲学的なkemioさんの言葉を聞いていると関連があるのではないかとつい思ってしまいます。

初のエッセイ本とは?

ウチら棺桶まで永遠のランウェイ 単行本 – 2019/4/18

kemioさん自身の幼少期から今までの人生が書かれたエッセイ本「ウチら棺桶まで永遠のランウェイ」

発売翌日の予約段階で既にAmazon売れ筋ランキング本部門で1位を獲得した話題作です。

YouTuberとして時代の最先端を走ってきたkemioさん、本を発売した理由はみんなに希望を与えたいという思いから。

また夢であった本を発売できたのはファンの応援があってこそ叶ったことから、タイトルは「ウチ」じゃなくて「ウチら」になっています。

ここにもkemioさんらしい優しい気持ちが感じられるエピソードがあるのですね。

彼らしい生き方に触れられるエッセイ本、kemioさんのファンのみならず手に取って損はしない1冊といえそうです。

まとめ

https://www.instagram.com/p/Bs94uzXBevo/

以上、kemioさんについてまとめてみました。

小学生の頃から人前に立つことが好きだったkemioさん。

夢を諦めなかった結果YouTubeだけでなく、俳優や音楽活動とマルチに活躍中。いまや幅広い世代から絶大な支持を得る存在になっています。

どこでどんな活動をしていても、いつでも彼らしい飾らない言葉には勇気づけられそうです。

これからどんな活躍を私たちに見せてくれるのか、今後のkemioさんにますます注目です!