注目キーワード

Patra Channel / 周防パトラ 【ハニスト】年齢や前世は?カニカマ愛と作曲者の顔に迫る!ASMR動画にも注目

周防パトラが作詞作曲し、ハニストのメンバーがボーカルを務めた楽曲に「ぶいちゅっばの歌 」があります。

こちらはiTunesにて配信された後、エレクトロ部門で第1位を獲得した実績があります。

周防パトラと蒼月エリ、堰代ミコの3人が「ぶいちゅっば」と可愛らしく繰り返すキャッチーな1曲です。

実際に聞いてみたい人は、ハニストの公式YouTubeチャンネルの動画を視聴してみましょう。

ASMR動画にも注目

得意分野である音楽に関する配信やゲーム実況に加えて、周防パトラはASMR動画にも取り組んでいます。

ASMR動画とは、特別なマイクを使って心地良さや脳をゾワゾワさせる刺激を備えた音を視聴者に届ける動画です。

周防パトラがどれくらいASMR動画に力を入れているのかについて紹介します。

100以上の動画を配信

周防パトラは2020年4月現在、自身のYouTubeチャンネルにて100本以上のASMR動画を投稿しています。

その大半はライブ配信のアーカイブであり、視聴者のコメントを見ながらマイクに向かって様々な音を出す配信スタイルです。

普段の配信とはまるで異なる、大人っぽさを感じられる周防パトラの囁きを耳にすることができます。

癒しの時間を周防パトラと

周防パトラのASMR配信では癒しをテーマにするケースが多く見受けられます。

1時間以上の配信となることが大半なので、寝落ちしながら聞きたいときに適した動画です。

耳かきや囁き、耳のマッサージなど耳から視聴者を癒す複数のメニューが用意されているので、好きな動画から視聴してみましょう。

これからの周防パトラから目が離せない

作曲やASMRといった配信で多才な一面を見せている周防パトラは、今後もファンを増やしていくことが期待されるVTuberです。

周防パトラに関する最後の項目として、ギター枠やラジオ配信といった要素について説明します。

ギター枠では歌も披露

周防パトラは電子音を用いた作曲だけでなく、自ら楽器を演奏することもあります。

「ギター枠」として実施される配信では、周防パトラの歌声とギターの腕前に注目です。

リスナーからのリクエストにも応えており、アニソンからJ-POP、ゲームのBGMまで幅広いジャンルの楽曲を演奏しています。

コメント欄がサイリウムの絵文字で埋め尽くされたときは、ギター枠がライブさながらに盛り上がっている証拠です。

キュートな歌声と本格的なギターテクニックのコラボを堪能したい人は、周防パトラのギター枠を視聴してください。

「ぱとらじ」でゲストとトーク

周防パトラは「ぱとらじ」と題したラジオ配信を週末に実施しています。

ゲストを招いてトークを繰り広げるのがぱとらじの基本的な流れです。

視聴者からのお便りがで読まれることも多く、リスナーとの交流の意味合いもある配信といえます。

周防パトラは作曲配信やギター枠、ASMRといった配信の中でも、視聴者との対話を大切にしている配信者です。

彼女の活動を応援したい人は、TwitterのフォローやYouTubeでの動画視聴が最初の一歩になります。

ファンアートについては「#パトラのアトリエ」のハッシュタグが推奨されているので、こちらを使用してください。

幅広い活動でファンを増やしている周防パトラは、今後のさらなる活躍が期待できるVTuberです。