注目キーワード

【CASTDICE TV】メンバーの学歴や年収は?インターン募集情報も調査!最強暗記術とおすすめ参考書も動画でチェック

「古典チャンネル」の講師はこんな人物です。

名前:髙橋大成(たかはし・ひろしげ)
出身高校:千葉県立佐倉高校
最終学歴:早稲田大学教育学部国語国文学科卒業
職歴:大学受験大手予備校→都立高教員→塾チェーン→教育NPO→キャストダイス

出典元:https://www.youtube.com/

職歴を見ると、コバショーよりも教育現場での経験が多い人物です。

大学で学んだことが現在の「古典ちゃんねる」に活かされているようですが、それ以上のポテンシャルがありそうです。

ひょっとしたら、キャストダイスの運営や「CASTDICE TV」の企画にも今後関わってくる人物なのかもしれません。

その証拠に、コバショーと2枚看板で、SNS上で受験生の質問を受けるといったイベントに登場したりもしています。

今後、コバショーと共に注目すべきでしょう。

「CASTDICE TV」コバショーの最強勉強法とは?

様々な受験テクニックを「CASTDICE TV」で披露しているコバショー。

自身も、東大法学部に合格し、無事卒業を果たした高学歴の持ち主なだけに、彼自身の勉強法も人気です。

では、具体的に「CASTDICE TV」ではどんな勉強法を披露しているのでしょうか?

最強暗記術の秘密とは?

【短期・大量暗記術】東大法学部のテストすら乗り切る最強の暗記法!

コバショーは「受験とは暗記大会である」と言い切ります。暗記が最も大切だというのです。

コバショーが学んだ東大法学部自体も、試験は暗記ものが多かったといいます。

司法試験を目指す学生が多いことから、裁判事例や法令などの暗記が重要とされているのです。

コバショーはそういった試験に、何と一夜漬けで挑んでいたのだとか。

そんな彼が実践してきたというのが「最強の暗記術」。それを「CASTDICE TV」で披露していました。

その方法は、「覚えられるところから覚え、整理し、その隙間を埋めるように新たなことを覚えていく」というもの。

知識で石垣を組み、その隙間にさらに知識を生みこんでいくということです。

さすがに、地頭が良くなくては効果が薄い方法ですが、東大を目指すほどの受験生には役立っているようです。

おすすめの参考書は何?

【最高の参考書】選び抜いた「1冊」を全員で紹介します!【ポレポレ、ターゲット、1対1】

「CASTDICE TV」のもう一つの人気動画が、コバショーとインターンの学生たちがおすすめの参考書をあげるというもの。

中でも人気なのが「【最高の参考書】選び抜いた「1冊」を全員で紹介します!【ポレポレ、ターゲット、1対1】」という動画。

ここでは、コバショーとインターンたちがそれぞれおすすめの参考書を1冊づつ紹介しています。

例えば、英語の場合は「英単語ターゲット1900」や「ポレポレ英文読解プロセス」。

物理の「橋元淳一郎の物理橋元流解法の大原則」や、化学の「科学の新標準演習」など。

これらも、東大を目指すようなレベルの高い受験生には、非常に役に立つ情報のようです。

「CASTDICE TV」が変える受験教育

「CASTDICE TV」のメインメンバーであるコバショー自身、数々の難関試験を乗り越えてきた人物。

そこからコバショーがたどり着いた境地は、受験に対抗するにはテクニックが必要だということ。

そんな自身のテクニックを後進の受験生に伝えようとしているのが、「CASTDICE TV」やキャストダイスの活動なのかもしれません。

それらのテクニックがあれば、さらに楽に受験を乗り越えていけるはずです。

そうなると、受験の在り方自体が変革していくのかもしれません。

そのような可能性を「CASTDICE TV」は秘めているのです。