注目キーワード

【理芽】前世や理芽の読み方は?花譜や久遠との関係性を調査!ピロウトークと食虫植物の歌詞やカラオケ動画・イラストもチェック

元はにじさんじに所属していて、久遠千歳として活動していた時期がありました。

花譜の直接的な系譜

「独白」- 理芽 #06

デビューが決まった時の理芽の紹介動画では「花譜からの直接的系譜」と表現されています。

このことから、多くの視聴者が理芽は花譜の姉なのではないかと噂していました。

真相は定かでありませんが、花譜と理芽のコラボがデビュー当時から期待されています。

ちなみに花譜は自身のTwitterで、理芽に関して「私と少し似ている。わくわくが止まらない」という旨を投稿していました。

一方理芽は花譜について、「妹にしたいぐらい可愛い。声が羨ましい」という旨をコメントしています。

久遠はレーベルメイト

「Everything starts from here.」

久遠千歳改めDUSTCELLのボーカルEMAは、理芽にとって同じレーベルメイトです。

DUSTCELLは2019年10月から始動しており、EMAとしては理芽と同時期の新スタートとなりました。

TwitterではDUSTCELLが開催した個展について理芽が祝福のコメントを投稿しており、仲の良い様子がわかります。

VTuberの転生をした過去を持つ経験豊富なEMAに対して、理芽は「EMAさん」と呼んでいました。

ちなみに花譜は年下なので「花譜ちゃん」と呼んでいます。

理芽のオリジナル曲

食虫植物 / 理芽 – Carnivorous Plant / RIM (Official Music Video) #08

オリジナル曲のひとつである「食虫植物」は、視聴回数1300万回を超える理芽の代表曲です。

愛されたい・満たされたいという切なくも強い感情が歌詞に込められています。

またこの歌詞は様々な捉え方ができるため、コメント欄では多くの意見や独自の世界観が繰り広げられていました。

理芽本人にとっても意外なものが多く、楽しみながら読んでいるとのことでした。

ちなみに注目されるきっかけとなったTikTokでは、曲使用のものも含めると推定数千万回再生されたといわれています。

ピロウトークの歌詞に注目

ピロウトーク / 理芽 – Pillow Talk / RIM (Official Music Video) #09

同じくオリジナル曲「ピロウトーク」では、儚さや怒りで渦巻く感情が歌詞に織り込まれた曲です。

「死んでしまえばいいのに」と強い言葉を吐きながら、垣間見える儚さがMVからも伝わってきます。

作詞作曲を担当しているのは、「食虫植物」と同じ笹川真生です。

ちなみにピロウトークとは、寝室で交わされる夫婦や愛人の会話という意味だということです。

意味を知ったうえで歌詞を聴くと、また違った感じ方ができるのではないでしょうか。

Guianoのシングルに参加

Guiano – 透過夏 (feat.理芽)

レーベルメイトであるGuianoが出した配信シングルの1曲、「透過夏」に参加したときの動画です。

大切な人との夏の思い出を歌った曲で、サビでは2人の声が綺麗に重なっています。

特に「当たり前を失った世界が当たり前になるだけ」というフレーズに、心揺さぶられる視聴者が多かったです。

Guianoの作った耳に残る音楽とも上手く合わさっていて好評でした。