注目キーワード

【KENTANTAI 健啖隊 けんたんたい】吉田の事務所を調査!ニャゴラって?川釣り動画や唐辛子育成・ナイフ捌きにも注目

その後、ちょっと小さめの猫・小ニャゴラも現れるようになり、隊長は餌をあげるだけでなく、避妊手術も受けさせてあげるなどかわいがります。

その代わりにと、隊長はニャゴラたちのステッカーを作って販売するなど、ニャゴラ・小ニャゴラは健啖隊の一員となりました。

ニャゴラの今!

小ニャゴラ近況

ところが、やがて初代ニャゴラにはパートナーができたのか、いつもの釣り場には現れなくなりました。

さらにその後、猫に餌をあげていることが周囲の住民から迷惑だと、上野原市に苦情が上がってしまいました。

上野原市からその行為を辞めるよう、立て看板を建てられてしまいます。

そこで、隊長は小ニャゴラたち(この頃小ニャゴラは複数匹になっていました)の里親を探して、飼ってもらうことにしました。

こうして、小ニャゴラたちは優しい家族に引き取られ、今は時折隊長の元に近況がメールで届くようです。

健啖隊のチャンネルってどんなチャンネル?

健啖隊のYouTubeチャンネルが登録されたのは2007年8月のこと。

以来、チャンネル登録者数を増やしていき、2020年9月現在で8.85万人が登録しています。

一体、健啖隊のチャンネルにはどんな動画があり、何が魅力なのでしょうか?

釣って食べる!食文化の探求とは?

釣れた外道を食ってみよう 船釣り編 ササノハベラ

健啖隊の動画のメインテーマは「食文化を探求する」。

隊長が好きな釣りは楽しいレジャーでありながら、魚の生命を頂くという漁という側面を持っているとのこと。

だから、隊長は自然に感謝する意味も込めて、釣った魚は料理して美味しく食べることをモットーにしているのです。

健啖隊のチャンネルにも、釣りをして、その後美味しく調理をして頂く動画がたくさんあがっています。

どんな魚が釣れて、それを隊長がどう料理するのか。魚のさばき方なども学べるのが、健啖隊の釣り動画の魅力です。

川ではどんな魚を釣っている?

ニゴイを釣って食う 意外に美味しい天ぷら River-fishing Catch & Eat

健啖隊は海釣りをすることもありますが、主なフィールドは上野原での川釣りです。

そこで、現地で餌となる虫を捕まえるところから始め、様々な魚を釣っています。

オイカワニゴイワカサギ、そして外来種のブラックバスブルーギルも隊長の獲物。

これはほとんどがスーパーには並ばない、一般の人があまり食べない魚ばかり。

特に、ブラックバスやブルーギルなどは食べられることに驚く人もいるほど。

健啖隊隊長は、たとえブラックバスであろうと、釣れた魚は命に感謝しながらおいしく料理して頂くのです・

健啖隊動画のオススメは?

釣り動画では、釣った魚を美味しくさばく様子がためになると人気の健啖隊。

実は、釣り動画ばかりが健啖隊の魅力ではありません。

キノコ狩りをしたり、食べられる植物を栽培したりと、アウトドアを堪能しています。

一体、どんな動画がオススメなのでしょうか?

ブラックバスもさばくナイフ捌きは?

ブラックバスを釣って食う やっぱ塩焼きでしょ? River-fishing Catch & Eat

前述のように、たとえブラックバスであっても釣った魚は美味しくいただくのが健啖隊のポリシー。

素揚げ煮つけ、時にはカルパッチョにしてブラックバスを美味しく頂きます。

中でも非常に旨そうなのが、塩焼き

「ブラックバスを釣って食う やっぱ塩焼きでしょ?」という動画では、さばき方まで丁寧に解説します。