注目キーワード

【山口和也】ギター動画から人気を検証!今井麻美との関係って?機材の選び方講座やフジゲンの試し弾き動画・PRSの裏話も必見

フジゲンのお知らせ用公式チャンネルに登場し、試奏したときの動画です。

このとき2012年で、山口和也はすでにフジゲンのギターを愛用していました。

その後2019年には、島村楽器のスタッフと共に長野県にあるフジゲンのギター工場を訪れています。

スタッフ曰く山口和也は工場へ着く前から楽しみにしていて、工場では制作過程をたくさん写真に収めていたとのことです。

ギターを演奏するだけではなく、ギターそのものに大きな関心を持っているのがわかります。

山口和也のPRS裏話

禁断の徹底比較検証!PRSが認めたギターNik Huber(200万円)を Paul Reed Smithと比較!御茶ノ水最大級の楽器店「ギタープラネット」に潜入しタメシビキ!

世界的に有名なエレキギター・ベース企業「Paul Reed Smith(PRS)」のギターは、山口和也愛用のギターです。

時々開催される彼のギターセミナーでは、PRSのギターが見られることもあります。

セミナーは間近で彼の演奏が聴けるほか、ギター奏法に関するアドバイスやセッションを行えるなどの貴重な機会です。

ちなみに動画では、約200万円のギターとPRSのギターを弾き比べしています。

なかなか見ることのできない豪華な比較です。

PRSのPrivate Stock

Private Stockは本当に良いのか?150万のPRSギターをタメシビキ!

PRSの最高レベルである「Private Stock」をタメシビキした動画です。

ギターに嵌め込まれたインレイには14金が使われるなど豪華な仕様になっています。

価格は約150万円で、プロのギタリストでも「すごい」と溜息が出る価格です。

演奏が緊張すると語っていた山口和也ですが、ギターのもつサウンドに合わせたかっこいいフレーズを聴かせてくれました。

家宝レベルともいえる素晴らしいギターを、この動画がきっかけで実際に見てみたくなるのではないでしょうか。

PRSギターのブラインドテスト

【タメシビキ!】PRSギターをまとめて10本ブラインドテストしてみた!パート2

ギターのモデル名を伏せてタメシビキしたブラインドテストは、PRSギターの違いをより深く知ることができます。

全く同じフレーズが繰り返されるので、音の違いを聞き分ける練習としても有効です。

ところで動画のメイン企画となっている「タメシビキ」シリーズは、実は動画だけではありません。

ギタリストの参加者が各自機材を持ち寄って集まる、「タメシビキ会」が開催されているのです。

ここでも山口和也愛用のPRSギターが登場し、素敵な音色を披露されていたとのことでした。

山口和也の動画でギターをもっと好きになろう

山口和也は多くの人に「ギターを楽しんでもらいたい」という思いで、幅広く活動しています。

そのため、動画ではいつもギターを手に目を輝かせながら楽しんでいる姿が印象的です。

まずは自分が楽しむことで、多くの視聴者をギターの魅力ある世界に引き込んでいっています。

ギター経験者の方は、一層ギター演奏が楽しくなることでしょう。

今後もさらに数々の活躍が期待されているので、毎週投稿される動画をぜひ視聴してみてください。