注目キーワード

【遠北千南 / Achikita Chinami にじさんじ】前世(中の人)や声優を調査!ものまね動画やMMDをご紹介

ちなみに道北千南の最終的なチャンネル登録者数は、7万人を超えていました。

他のVTuberに比べて活動頻度は少なかったものの、テンポのいいトーク力や明るいキャラで人気を得てきたのです。

道北千南のものまね動画

遠北千南のにじさんじライバー全64人声真似チャレンジ

ものまね動画は雑談配信で披露されたものですが、クォリティが高かったため大きな反響を呼びました。

本人は予想外の反応だったようですが、にじさんじライバー64人のものまねに挑戦するのは難易度が高かったことでしょう。

中でも、特に雪汝や町田ちまが好評でした。

声真似だけではなく言い方などの特徴もしっかり掴んでいるので、ライバー達をよく観察しているのがわかります。

道北千南のにじさんじ愛が伝わってくる動画です。

恐いときは芸能人のものまね

浜田のマネをして盛大に扉を開くも、思わず大声でツッコミを入れる遠北千南

ホラーゲーム「夜勤事件」をプレイした際には、大物芸能人である浜田雅功のものまねが飛び出します。

人気テレビ番組のネタを披露してふざけながら、怖さを吹き飛ばそうとする姿がかわいいと好評でした。

ものまねの後にはしっかりオチを入れるところも、頭の回転の速さが窺えます。

ちなみに道北千南は恐がりのため、ホラーゲーム実況の際は誰かとコラボしている可能性が高いです。

今回のコラボ相手である、伏見ガクの優しい声援にも注目してみてください。

別名「にじさんじの○○」

すこやか放送でモノマネを披露する遠北千南【にじさんじ】

基本的ににじさんじライバーのものまねをすることが多いため、道北千南にはいくつかの別名がついています。

例えば「にじさんじのカービィ」「にじさんじのメタモン」「にじさんじのディケイド」などです。

いろいろ呼ばれていますが、変幻自在という点では共通しています。

ファンや他ライバーからの後押しもあって、ものまねはかなり定着し様々な新作が披露されました。

ファンのお題に応えていく高い適応能力に注目です。

道北千南のMMD動画

人に見放された椎名唯華のモノマネをする遠北千南をMMDで再現しました。

にじさんじライバーの椎名唯華を演じた道北千南のものまねは、MMDとなってリアルに再現されました。

ファンからも好評で椎名唯華のものまねをやることが多いため、クォリティは最初と比べてさらに磨きがかかっています。

ちなみにMMDとは、キャラクターを3D化してアニメーションを作成するソフトウェアのことです。

今回は椎名唯華ですが、道北千南もファンメイドで3D化した姿が公開されています。

声だけではなく視覚的にも楽しめる動画です。

MMDモデル作成した小間つな

【にじさんじMMD】遠北千南で恋愛サーキュレーションをMMDで再現しました

道北千南のMMDモデルを作成したのは「小間つな」という方で、他の人にも使用できるようモデル配布されています。

そのためMMDモデルを使った再現動画が、また別の方の手によって作成されました。

様々な角度でかわいい動きを見せているので、ファン必見の動画となっています。

再現されたクォリティの高さから、作成者の方々の道北千南に対する想いが伝わってくる内容です。