注目キーワード

【6 面ステーション】メンバーの本名や年齢、大学を調査!音楽活動も開始?ヤンキー取材の結末は?現在の彼らも要チェック!

するとヤンキーは怒り出し手を出した挙句腰を痛めたふりをして転倒、最終的には物を持って逃走するというシュールな展開に。

実際にはご覧の通り、本物のヤンキーではなくサカナギさん。

とはいえ、ヤンキーが怒り始めた時の緊張感の演出は少し本物に近いものを感じましたね。

ナイトプール企画

パリピで賑わうナイトプールで本気で泳いでみたwww

6面ステーション史上有数の炎上動画が、「パリピで賑わうナイトプールで本気で泳いでみたwww」企画です。

プールの存在意義について一石を投じたこの企画は、ネット上で賛否両論が分かれる非常に大きな話題を呼びました。

あなたならナイトプールで本気で泳ぐのはアリだと思いますか?それとも絶対にナシだと思いますか?

音楽活動

https://www.instagram.com/p/BSqhXJkBlGj/?utm_source=ig_web_copy_link

長い歴史の中でたくさんの企画をやってきた6面ステーションですが、彼らは音楽という別の引き出しも用意していました。

3人の音楽センス

6面ステーションの3人のメンバーはそれぞれ独特の音楽感性をもっています。

6面さんもサカナギさんもタイミングは違えど音楽に目覚めたきっかけは洋楽だったとのこと。

特に6面さんは高校在学時には軽音楽部に所属しベースを少ししていたようで、聴く音楽の幅が一気に広がったのだそうです。

しもDさんも幼少期から親の影響によりブラックミュージックを自然と耳にしていたといいます。

現在ではJ-POPなどよりもアイドル楽曲、ヒップホップなどをよく聴いているようです。

超大物によるプロデュース

6面ステーション超大型新プロジェクト始動!!!!

2018年6月、6面ステーションにとってある大きなプロジェクトが始まりました。

この企画で6面ステーションをプロデュースするのは元SOUL’d OUTのShinnosuke氏という超大物ミュージシャン。

3人は音楽活動でも成功することができるのか否か、結果はいかに!?

バンド企画

【検証】ド素人3人がバンドを組んで10日間でステージに立ったらどうなっちゃうの!?

それは、「ド素人3人がバンドを組んで10日間でステージに立ったらどうなっちゃうの!?」というもの。

長年の下積みを経たバンドであっても、耳の肥えたオーディエンスを満足させるパフォーマンスをすることは決して簡単なことではありません。

ましてやほぼバンド経験が無いに等しい3人が10日間の練習で行うこの企画はとても無謀なものなのは明らかですね。

さて、どれだけオーディエンスの期待に応える演奏に近づけられたのか、結果は動画をご覧ください!

現在の活動は?

https://www.instagram.com/p/BFbhKVLkyaA/?utm_source=ig_web_copy_link

そんなYouTuberの王道を行くかのような豊かな発想力を持っている6面ステーション。

2019年10月に入る時点ではなんと2019年が始まって以来たったの2本

最近ではかなり更新のペースが落ちており、ファンたちの間では「さぼりすぎなのではないか」という声も聞こえてきます。

これまでご紹介してきたようにYouTuberとしてのポテンシャルは十分。

もしかすると今後の活動について分析や準備をしていたり、彼らの中でYouTubeの仕事の優先順位が変わってきているのかもしれませんね。

まとめ

いかがだったでしょうか?

YouTuberを長く続けるために不可欠である豊かな発想力度胸を備えた彼らを応援したくなったと思われたら、とてもうれしく思います。

彼らにとっては大学卒業前後ということもあり、今後の人生と比較して考えることがたくさんあることと思います。